home

安心の白内障・眼科手術専門サイト

女性医師在籍 駐車場完備

厚生労働省認定 先進医療認定施設

翼状片

翼状片とは

白目が目頭から黒目に三角形状に伸びて来る病気です

白目が目頭から黒目に三角形状に伸びて来る病気です

翼状片とは、結膜(いわゆる白目にあたる部分)が目頭の方から、角膜(いわゆる黒目にあたる部分)に向かって三角形状に伸びて来る病気です。

良性の病気なので初期のうちは放っておいても問題はありませんが、見た目が気になるので治療を受けるという方もおられます。

また、翼状片が黒目の中心近くまで伸びてしまうと、乱視の原因となる場合があります。

手術を受けて治療する場合、進行する前の方が仕上がりがきれいですし、再発も起こりにくいと言えますので、翼状片が気になる方はお早めに大阪市西成区の三間眼科医院までご相談ください。
当院では、翼状片の日帰り手術に対応しております。

翼状片の症状

  • 結膜が目頭の方から黒目に三角形状に入り込んで来る(肉眼で見てもわかる場合がある)
  • 眼がよく充血する
  • 眼がゴロゴロする
  • 翼状片が黒目の中心近くまで伸びてしまうと、乱視の原因となる場合がある

翼状片の原因

紫外線・埃が関係していると考えられています

翼状片の多くは片眼で起こりますが、稀に両眼で起こることもあります。
高齢者に多く見られ、はっきりとした原因はわかっていませんが、紫外線や埃が関係していると考えられています。

翼状片の日帰り手術

視力に影響してくると手術を検討する必要があります

翼状片は良性の病気ですので、初期のうちは見た目が気にならないようでしたら放っておいても問題はありません。

充血や眼の異物感などが強くなった場合には、点眼治療を実施します。

そして翼状片が大きくなり、黒目の中心近くまで伸びて来て視力に影響してくる場合などには、手術を検討する必要があります。

早期に治療した方が仕上がりがきれい・再発が起こりにくい

翼状片の手術では、角膜から翼状片の組織をきれいに剥がしたり、結膜の下にある組織の一部を切除したりするなどの処置を実施します。

抜糸は1~2週間後に行います。
早期に治療した方が仕上がりがきれいで、再発が起きにくいとされていますので、症状でお悩みの方はお早めにご相談ください。

top

医療法人 三間眼科医院