home

安心の白内障・眼科手術専門サイト

女性医師在籍 駐車場完備

厚生労働省認定 先進医療認定施設

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

上瞼が垂れ下がって開けづらくなった状態です

上瞼が垂れ下がって開けづらくなった状態です

眼瞼下垂とは、上瞼が垂れ下がって開けづらくなった状態のことを言います。上瞼が垂れ下がる原因として、生まれつき眼瞼挙筋(瞼を引っ張り上げている筋肉)などに異常がある、加齢や頻繁に眼をこするなどの日常生活上の動作により、眼瞼挙筋などに異常が生じてしまったなどが挙げられます。

眼瞼下垂になると、視野が狭くなったり、眼がかすんだり、眼がよく疲れるようになったりするほか、目元の印象が悪くなったり、肩こりや腰痛、頭痛などの原因となったりすることがあります。

大阪市西成区の三間眼科医院では、日帰りの眼瞼下垂手術を実施しております。
症状でお困りの方などはお気軽に当院までご相談ください。

眼瞼下垂の症状

  • 視野が狭くなる
  • 眼がかすむ
  • 眼がよく疲れる
  • 目元の印象が悪くなる(いつも眠そうな印象になる)
  • 眼の奥が痛む
  • 肩こりや腰痛、頭痛など

眼瞼下垂の原因

眼瞼挙筋などの異常で眼瞼下垂が起こります

眼瞼下垂の原因は様々で、生まれつき瞼を引っ張り上げる筋肉である「眼瞼挙筋」の働きが弱い、眼瞼挙筋を動かす神経(動眼神経)に異常がある、瞼の形に問題があるなどの先天的な要因によるものや、加齢やコンタクトレンズの長期使用、瞼をよくこするなどの後天的な要因によるものがあります。

眼瞼下垂の種類と原因

先天性眼瞼下垂

生まれつき瞼を引っ張り上げる筋肉である「眼瞼挙筋」の働きが弱かったり、眼瞼挙筋を動かす神経(動眼神経)に異常があったりする場合に起こります。

後天性眼瞼下垂

眼瞼挙筋を動かす神経(動眼神経)に異常が生じたり、怪我などで筋肉が断裂したりすることで起こります。

老人性眼瞼下垂

加齢にともない、眼瞼挙筋の働きが弱くなったり、瞼の皮膚がたるんだりすることで起こります。

腱膜性眼瞼下垂

挙筋腱膜が伸びて、眼瞼挙筋が瞼板から離れてしまうことで起こるほか、コンタクトレンズの長期使用、花粉やアトピーの症状によりよく眼をこするなどして起こります。

眼瞼下垂の日帰り手術

お一人おひとりに最適な方法をご提案します

お一人おひとりに最適な方法をご提案します

眼瞼下垂は、眼瞼挙筋(瞼を引っ張り上げる筋肉)が伸びて弱まることなどが原因で起こります。
そのため眼瞼下垂の手術では、この筋肉を短くして付け直したり(挙筋短縮)、たるみを起こしている上瞼の余分や皮膚・脂肪などを取り除いたりします。

お一人おひとりの状態を詳しく確認した上で、適切な方法をご提案させて頂きます。

当院の眼瞼下垂手術は日帰りで受けられますので、症状でお困りでしたらお気軽に大阪市西成区の三間眼科医院までご連絡ください。

眼瞼下垂手術の方法
挙筋短縮法

伸びて弱まった眼瞼挙筋を短くして付け直すことで、瞼を引っ張り上げる力の回復をはかります。
術後、5~7日程度で抜糸します。

上眼瞼切開法

加齢などが原因でたるみを起こしている上瞼の余分や皮膚・脂肪などを、重瞼線の上で取り除きます。
皮膚を切除するだけですので、腫れなどは比較的軽度で済みます。
術後、5~7日程度で抜糸します。

top

医療法人 三間眼科医院